2009年05月17日

HDDの換装作業

ノートパソコンのハードディスク(以下、HDD)の交換にチャレンジしてみました。

今まで使ってたのは、ソニーの「VAIO TypeS(VGN-SZ91S)」。
ソニースタイルで色々カスタマイズしていたのですが、何しろ2年前の代物なので、まだHDDの容量も80GBと小さめでした。

なので、今回はちょいと機能アップの為に、320GBのものへ交換することにしました。(一気に4倍でするんるん

DSC_9375.JPG

ご注意!
個人で本体を分解・改造した場合、メーカーおよびショップの保証は対象外となってしまいます。
この記事は、分解・改造を推奨するものではありません。
また、万が一発生した障害については、当管理人およびメーカーは一切責任を負いませんので、あくまでも自己責任にてお願いします。

せっかく、HDDを交換するということなので、以下の通り性能も重視してみました。

【交換前】
 容量:80GB、回転数:5400rpm、キャッシュ:8MB
【交換後】
 容量:320GB、回転数:7200rpm、キャッシュ:16MB

選んだ商品は、こちら。
日立GST HTS723232L9A360 (2.5インチ 320GB 7200rpm SATA)

価格:6,365円(税込、送料別)

では、早速交換作業の様子をダイジェストで。

交換の前に、バックアップと、リカバリーディスクを用意します。
また、精密ドライバーセット があると便利です。
DSC_9377.JPG

購入したHDDはこのように、帯電防止のプチプチと袋の中に入っています。
DSC_9378.JPG

まずは、本体裏の4箇所のビスを外します。
DSC_9386.JPG

念のため、バッテリーを外しておきましょう。
DSC_9388.JPG

ビスを外します。
DSC_9389.JPG

DSC_9390.JPG

DSC_9391.JPG

DSC_9392.JPG

バッテリー側の中央のもの(キーボードの固定用)だけ長さが違います。
DSC_9393.JPG

本体をひっくり返してキーボードを外します。
DSC_9397.JPG

「F1キー」と「Insertキー」の上部にバネ式の爪があります。
DSC_9398.JPG

DSC_9400.JPG

この爪を片方ずつマイナスドライバー等で押しながらキーボードを引き上げると外れます。
DSC_9405.JPG

DSC_9406.JPG

DSC_9407.JPG

次に、キーボード裏から本体へ繋がっている配線を外します。
両端を止めているプラスチック製の爪をマイナスドライバー等を使用して手前に引き出します。(まだ配線シートを引っ張ってはいけませんよ)
DSC_9408.JPG

DSC_9410.JPG

両端の爪を手前に引き出してから、配線シートを抜き取ります。
これで、キーボードが外れました。
DSC_9412.JPG

DSC_9415.JPG

次に、パームレストを外します。
パームレストのタッチパッドや指紋センサー、Felicaポートの回路と本体を繋いでいる、2箇所の配線シートを外します。
配線を固定するためのストッパーを上げた後、緑色のフィルムを引っ張って抜き取ります。
DSC_9418.JPG

DSC_9419.JPG

DSC_9420.JPG

パームレストは、3本のビスで固定されています。
サイズが小さく少々固めにねじ込まれているので、ドライバーのサイズにも気をつけてヘッドをなめないように注意します。

DSC_9422.JPG

DSC_9423.JPG

DSC_9424.JPG

手前にスライドさせながら持ち上げると、パームレストが外れます。
DSC_9425.JPG

パームレストの裏側は、こんな感じです。
オプション内容によっては、異なると思います。
DSC_9426.JPG

ようやく、HDDが見えてきます。
3本のビスで固定されているので、これを外します。
DSC_9427.JPG

DSC_9428.JPG

DSC_9429.JPG

DSC_9430.JPG

HDDと本体を繋いでいるコネクターを外します。
コネクタは、単にささっているだけなので、引っ張れば取れますが、HDDの裏側でコネクタがテープで固定されているため、少々力を入れないと外れません。
DSC_9431.JPG

取り外した純正HDDは、Seagate製でした。
DSC_9435.JPG

HDDの裏側には、黒いシートが張られています。
DSC_9437.JPG

純正との比較。サイズはもちろん同じです。
DSC_9440.JPG

DSC_9442.JPG

黒いシートを移し替えます。
DSC_9443.JPG

HDDを固定するための両側のプレートを移し替えます。
DSC_9444.JPG

片側2本のビス、計4本のビスで固定されています。
DSC_9445.JPG

DSC_9446.JPG

プレートを移し替えたら、今までの作業を逆にして元に戻していきます。

これで一通り換装作業は終了ですが、バックアップしたものを元に戻すのが大変です。
コストを抑えたため、バックアップツールを使わなかったので、仕方ないところですが、、、(汗)

最近は、容量が増えたHDDへのバックアップ&復元が可能なツールが販売されているので、素直にそれを使ったほうがいいかも知れませんねわーい(嬉しい顔)

HD革命/BackUp Ver.9 Pro

価格:9,238円(税込、送料別)



ランキングに登録中です〜♪1日1回応援クリックお願いします!
    人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ


ラベル:VAIO TypeS VGN-SZ91S SATA
posted by まーさん at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | デジモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもですー♪

最近のノートPC,昔からは考えられないくらい容量が大きくなりましたし,HDDの信頼性も上がってますよね!
私が一番最初に使ったノート(林檎のPBG3),メモリは192MB,HDDは2GBでしたから(汗

そういえばHDD架装,ウチのヨメのPCも予定してます.
しかも!いきなりSSDデビューさせてあげようかと♪
でも,,,モノは入手したんですが,まだデータ移植に悩んでたので手つかずです(汗
Posted by サコ at 2009年05月20日 16:25
>サコさん

こんにちは!
ノートPCでも500GBが当たり前の時代ですねー。
技術向上、コスト削減、地デジの普及の相乗効果ですかね〜。
僕も最初は、メモリ64MB、HDD1GBのWin95マシンでしたから。。。
それと比べると雲泥の差ですね^^;

SSDデビューですか、いいですね〜。
まだ容量が大きいのはお高いので今回はHDDで様子見です^^
データ移植は、やはりツールを使うと便利そうですよー。
サイズ違いのHDD間でバックアップ・復旧できるみたいですから!
初めにデータを退避するためのドライブが必要となりますが。
がんばってくださいね!
Posted by まーさん at 2009年05月20日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ランキングに登録中です〜♪1日1回応援クリックお願いします!
    人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。